四谷進学会 プロ家庭教師センター

今回はプロ家庭教師限定で中学受験指導を行っている「四谷進学会 プロ家庭教師センター」の指導法についてご紹介します。

中学受験対策の家庭教師に関しては、中学受験塾のフォローと家庭教師のみの指導に分かれますが、志望校別の傾向に合わせた対策はもちろん、苦手科目の克服や学習の仕方、習慣づけといった指導を行っているそうです。

中学受験では志望校に合わせた指導が重要と言われていますが、
四谷進学会では早くから志望校対策を行う事でかなりの実績をあげているそうです。

家庭教師の良いところはこういった志望校対策も一人ひとりに合わせてできる事です。

同じ中学を受験する場合でも、A君とB君は違うのです。

苦手科目も違えば、学習習慣や性格も違うのです。

では、中学受験家庭教師の行っている苦手対策というのはどのようなものなのでしょうか。

志望校対策で考えれば、出題頻度の高いもの、配点の高いものの対策が必須となっているのですが、四谷進学会では苦手な科目、苦手単元がある事で止まってしまっている学習を上手く進めるために、つまずいている箇所を把握し、さかのぼってでも指導を行って、問題を解決するという事です。

その事により苦手意識がなくなり、全体的に学習の成果が上がるのだそうです。

さて、中学受験しようと決めて塾に通い、家庭教師を利用するわけですが、
学習の仕方がわかっていない人が多いようです。

効率的な学習方法がわからないため、学習習慣もつかないのです。

家庭教師が目標設定やスケジュール管理を行い、勉強の仕方や学習習慣を身につけさせていくという事です。

名門指導会のやり方

10月になりました。

6年生の場合、中学受験まであと100日です。
入試の日にちによって差はありますが、
ほぼ100日しか残されていないのです。

そう考えると、5年生でも500日切っているわけです。

そこで、これから中学受験のためには、何ができるか何ができないかを考えた「合格のための勉強」が必要になってくるのです。

今回は「塾ソムリエ」として有名な西村則康氏が代表を務める名門指導会の指導について見てみましょう。

名門指導会は中学受験専門の家庭教師集団で、
「正しい成績の伸ばし方」と「正しい塾の使い方」を指導しているという事です。

成績をアップさせるために、無料のメルマガも発行しているので、
西村氏が考える勉強法を知る事もできます。

中学受験する人の多くは大手進学塾に通っており、
その進学塾では研究されたカリキュラムで、ノウハウのつまった教材を使い、最高の指導者が授業を行っています。

それにもかかわらず、成績が上がらないと言う人もいるわけです。

西村氏によればその理由は「正しい成績の伸ばし方」と「正しい塾の使い方」を知らないからだという事です。

「正しい成績の伸ばし方」というのは、取り組むべき問題を取捨選択する事、「正しい塾の使い方」というのは塾で与えられる情報をフル活用する事だそうです。

この2つが中学受験の家庭教師の最も大きな仕事なわけです。

家庭教師は勉強を教えてくれるわけですが、
それだけでは塾と同じですね。

塾で与えられるものを全て吸収し、
成績を上げる事ができる人は家庭教師など必要ないわけですが、
それができない人も多いのです。

家庭教師の役割は、塾の事、志望校の事、一人ひとりの生徒の事を全てわかった指導を行う事なのです。

家庭教師の志望校別対策

9月になりましたね。

中学受験を目指す6年生にとって9月は志望校対策の始まる時期です。

多くの中学受験の進学塾では志望校対策講座が開かれています。

家庭教師の中学受験指導ではどうでしょう。

今回は家庭教師の志望校対策について調べてみました。

例えば、「家庭教師のノーバス」では、過去問をもとに志望校の問題傾向や出題形式を分析し、第一志望校への「合格力」を高める指導を行っているそうです。

同じ中学受験する場合でも基礎学力重視、知識問題が多い、記述問題が多い、時事問題が多い、傾向がはっきりしない等、出題傾向は様々です。

難問のレベルや、超難問と難問、基礎問題の問題数の割合、配点の割合も学校ごとに違うのです。

また、難問でなくても作業力が必要な問題を多く出題するところもあれば、
設問を理解する事が難しい問題を出題する学校もあるのです。

中学受験の場合、併願校も合わせ3~5校受験するのが一般的と言われていますので、併願校の対策もある程度しなければならないという事を考えると、
一人ひとり対策が異なるわけです。

家庭教師の場合、マンツーマン指導なので、
それぞれの志望校の状況に合わせた細かい指導が可能なのです。

もちろん、家庭教師は一人ひとりの苦手にも対応しています。

中学受験では苦手をつくってはいけないと言いますので、
一人ひとり異なる苦手に対応できるのが家庭教師の良さです。

一人ひとりに合わせ、志望校ごとに入試本番を意識した、点を取れるノウハウを指導できるのが家庭教師の良さなのです。

サクシードの中学受験コース

最近、中学受験のために家庭教師を利用する人が増えているという事ですが、
中学受験の指導のためには専門性が必要です。

中学受験専門の家庭教師に指導を依頼しなければなりません。

専門の家庭教師センターもありますが、
一般的には、派遣センターの中に中学受験コースがあるかどうかを調べる事が重要です。

一般の家庭教師の場合、小学生が指導対象になっていても、
中学受験の指導をしていない場合があるのです。

中学受験指導の場合、単に勉強を教えるのではなく、
合格のノウハウも持っている必要があります。

そこで、派遣センターのホームページなどをみて、
どういった指導を行っているのか知る事が重要なのです。

今回は、「家庭教師のサクシード」について調べてみました。

サクシードには小学生コース、中学生コース、高校生コース以外にも不登校、帰国子女、高卒認定など様々なコースがあります。

小学生のコースでは、学校補習、科目別対策の他、中学受験対策、公立中高一貫校の受検対策などがあります。

家庭教師という事で、オーダーメイドのカリキュラムを作るわけですが、
どのような対策が行われるのでしょうか。

家庭教師では一般的な進学塾別の対策も実施しています。

サピックスや日能研、四谷大塚、早稲田アカデミーなどのサポート対策です。

「オーダーメイド志望校対策コース」や「習い事しながら受験コース」、「ココだけ特訓コース」「小6からスタートコース」なども用意されているようです。

ファーストの専用教授法

今回は「ファースト」の中学受験指導法について調べてみました。

ファーストは中学受験家庭教師の派遣会社ですが、
有名・難関私立中学や国公立中高一貫校など、志望校に合わせた受験指導を行っているそうです。

家庭教師という事で当然個別指導ですが、カリキュラムは一人ひとりに合わせた段階別カリキュラムになっているそうです。

中学受験では幅広い知識が問われる問題、柔軟な発想や思考力が求められる問題などが数多く出題されますが、その土台となるのが基礎知識です。

ファーストでは最終的に求められる問題を解く力をつけるために、
「基礎学力定着」→「発展問題演習」→「志望校の特色に合った対策」と言うように段階を踏んだカリキュラムを一人ひとりの状況に合わせて作り指導を行っているそうです。

中学受験では志望校対策が重要と言われていますが、
過去問を分析し、志望校の特徴に合わせた指導、
そして本人の状況、進学塾に通っているのならその塾の特徴に合わせた志望校対策を行っているそうです。

また、ファーストの家庭教師は専用の教授法というものを持っているそうです。

まずはテストの結果や問題演習などで、生徒の苦手を分析し、
家庭教師が弱点を見抜きます。
その上で生徒の弱点に合わせて合格までのカリキュラムを作るのです。

また、中学受験では1つのミスが大きな失点につながりますから、
できるのに「ミス」してしまった問題にもしっかりと注目すべきです。

ファーストの家庭教師はなぜ間違ってしまうのか、どこがわからないのか、その原因を突き止めて生徒自身に自覚させるそうです。

勉強のやり方がわからないなら家庭教師!

今回は、中学受験専門の家庭教師を派遣している「一橋セイシン会」についてご紹介します。

中学受験家庭教師は、進学塾のサポートをする事も多いのですが、
一橋セイシン会では、塾が合わない場合は家庭教師のみの指導を勧めています。

ホームページの中では進学塾より家庭教師の方が向いている生徒のタイプを紹介しており、特に家庭学習の勉強のやり方がわかっていない生徒に注目しています。

中学受験の学習は小学校で習ったものだけでは足りないので、
進学塾に通う場合が多いのですが、進学塾に通えば全てが事足りるわけではなく、
家庭学習がうまく行かなければ合格は難しいのです。

勉強の方法を知っているかいないかで、中学受験は大きな差がついてしまうそうです。

中学受験の情報をしっかりと持ち、その上で一人ひとりに合わせた指導ができるのが家庭教師です。

受験勉強のスタートが遅い場合や、現在志望校のレベルに達していない場合、
集団指導では難しくても家庭教師なら受験日に間に合わせる事も可能な場合も多いのです。

もちろん、大手進学塾に通わない場合は、色々な不安もあるでしょう。

一橋セイシン会の場合、大手進学塾と同じくらいの情報量を持ち、講師は有名進学塾の元講師や現役講師もいるそうです。
情報とノウハウの両方を持っているわけです。

模試に関しても首都圏で開催されている主要な模試を紹介し、受験できるという事ですので、
対策としては進学塾と大差ないようです。

気になる授業料は、一橋セイシン会の場合、入会金21000円、授業料は90分×月4回の場合、プロ講師が35700円、学生講師が21600円と言う事です。

中学受験の家庭学習とは

中学受験の場合、進学塾に通う人が多いと思いますが、
重要なのはやはり家庭学習です。

そして、家庭学習では親の関わりが重要になってくるわけです。

中学受験と言えば、年齢的にも自分で学習管理をするのはなかなか難しい事でしょう。

子どもというのは自分の楽しい事、興味ある事ばかりをやってしまいます。
「中学受験するんだから、まず苦手科目をしっかりやろう!」なんて思わないのです。
小学校低学年ではきちんと勉強する習慣がついていない子もいるでしょうし、
勉強する場合も、好きな勉強だけやる、宿題だけやると言った子どももいるわけです。
そのため、家庭教師を利用する人も多く、
家庭学習のサポートをしてもらうわけです。

家庭教師を頼まないのであれば、こういった事をお母さんやお父さんがしなくてはなりません。
また、家庭教師だけでなく塾でも受験対策を行うことが出来ます。
中学受験の塾の選び方のポイント(中学受験情報局『かしこい塾の使い方』)を知っておけば中学受験に強い学習塾を見つけることが可能です。

進学塾に通っている場合、宿題以外にやるべき事も考えてやらなければなりませんが、
高学年になって課題が増えすぎた時、取捨選択すると言う事も重要になります。

中学受験では、高学年になって課題に追われ、本当に必要な学習ができなくなってしまうと言う事もあるそうです。
家庭教師を利用して、進学塾に通いながら家庭学習の対策をしてもらう場合、
進学塾の教材が使えるので便利です。

専門的に塾対策をしてもらうとなれば、中学受験専門の家庭教師を雇う必要がありますが、早い段階で家庭学習のサポートをしてもらう、親の代わりをしてもらうという程度なら、一般の家庭教師に頼む事もできるでしょう。

REOの中学受験プラン

今回は、神奈川にある家庭教師センター「REO」についてご紹介します。

「REO」は中学受験の指導のみを行っているわけではありませんが、
家庭教師の指導コースの中に「中学受験合格コース」があります。

家庭教師の指導以外にも「REO模試」を年に12回実施し、定期的に学力チェックを行っています。

模試の個人成績表や志望校判定は家庭教師の指導にも役立つもので、
合格実績にもつながっているそうです。
さて、「REO」では、どのような中学受験指導を行っているのでしょうか。

まず、出身私立中学校別に家庭教師を紹介しているという事です。
中学受験は志望校対策が最重要課題という事で、
これは生徒にとっても保護者にとっても嬉しい事ですね。

家庭教師の派遣料金もREOでは中学受験のための特別なプランがあります。
受験全般のプランとは別の中学受験のプランがあるそうです。

そのプランでは家庭教師の指導経験をより重視し、出身私立中学校別に講師を紹介していますが、
どこの中学校出身の講師が何人いるかと言う事も、REOのホームページに載せられています。

また、同じ中学受験のプランでもより成績を上げたい人には「中学受験Eプラン」もあるそうです。

このプランでは中学受験の勉強だけではなく、それ以降、大人になってからも役立つような経験を積む事が出来るような指導を行っていると言う事です。
知識のみではなく、思考力や表現力、発想を問われるような問題にも対応できる力を育てるような指導なのです。

コーチング1の中学受験対策

今回は、「家庭教師のコーチング1」の「中学受験対策コーチング」について調べてみました。
コーチングという言葉は最近よく耳にしますが、コーチング1の家庭教師は、ティーチングではなくコーチングで指導を行います。

中学受験に関しての指導も問題の解答・解説を行うティーチングではなく、
実際に自分が使えるようにするためのコーチングなのです。

中学受験家庭教師にコーチングの手法を取り入れているのですね。

コーチング1では、家庭教師だけの中学受験指導も行っているのですが、
一般的な進学塾のサポートとしてのコーチングについて見てみましょう。

中学受験の学習に関しては、小学校では習わない事までやらなければならないので、
進学塾に通う人が多いですね。

習った事を定着させるには家庭学習が重要なのですが、
進学塾に合わせた学習が必要です。

コーチング1では各塾に合わせた対策をコーチングで実施しているという事です。

さて、コーチング1の家庭教師は進学塾対策をするだけではありません。

志望校別過去問対策コーチングというものも行っています。

中学受験では志望校対策が最重要課題で、
過去問対策が必須となります。

コーチング1の過去問対策はいきなり過去問を解くという意味ではなく、
志望校の過去問の傾向を把握し、家庭学習・学習計画の方向性を定めて家庭教師が指導を行うのです。

実際に過去問に取り組むのは6年生の10月頃となるそうですが、
それ以前に、志望校の入試を考えた学習を行うと言う事です。

代々木進学会 志望校合格コース

今回は、代々木進学会の中学受験指導について調べてみました。

代々木進学会は業界トップクラスの家庭教師が第1志望にこだわった指導を行っているそうです。

志望校レベルにあった講師を家庭教師として派遣し、
進学塾の進度にあった指導スケジュール、日々の学習アドバイス、精神面でのバックアップを行っており、塾のカリキュラムに完全準拠している事はもちろんの事、志望校合格に向けての指導を確実に行っているのです。

中学受験の進学塾では成績が振るわず志望校を変更するように言われる事も多いそうですが、家庭教師を利用する事で、第1志望を変えずにすむのでしょうか。

代々木進学会には、受験タイプで選ぶ「志望校合格コース」「補習対策コース」と、進学塾別に選ぶコースがあります。

志望校合格コースは家庭教師のみの中学受験のコースで、
塾から家庭教師に変更したと言う人が多く、
週に2~3回の指導など指導回数を増やして合格へ導いています。

生徒一人ひとりに専任の教育プランナーが付き、個人プログラムを作成、中学受験に向けての学習の仕方から指導します。
夏期・冬期・春期講習時には過去問題特訓テストゼミも実施されると言う事です。

教材は四谷大塚の予習シリーズで、合否判定テスト、公開模試、統一模試を利用する他、YTネットによる学校情報、偏差値、入試情報も得る事ができるそうです。

中学受験では情報も重要ですからその辺りも安心です。

「補習対策コース」は、進学塾の授業の完全補習となっており、
指導は各塾の教え方と同じ説明方法を使っているそうです。