国語の過去問対策の注意点

中学受験では過去問演習は必須です。

中学受験の勉強といえば、志望校対策が最重要課題であり、
志望校対策といえばやはり、まずは過去問演習ではないでしょうか。

ただ、どの科目をどのくらいという事は難しく、
どのように勉強すれば良いのかという事がよくわかっていない人も多いそうです。

中学受験鉄人会のホームページによれば、国語の過去問対策に関しては特に注意が必要ですとの事です。
中学受験鉄人会は、中学受験のプロ家庭教師を派遣してくれる派遣会社ですが、
中学受験の勉強法も公開しています。

家庭教師の指導法や普段家庭教師が行っている授業のやり方を公開しているのです。

9月になり、中学受験の進学塾でも志望校対策が始まっていると思いますが、
国語の過去問対策に関しては、その意義をしっかり把握しておく事が重要だという事です。

鉄人会の家庭教師の教える勉強法によれば、国語の過去問を演習する意義は他の教科とは異なり、繰り返し行ってもあまり学力の向上にはつながらないという事です。

国語の場合、同じ問題を解いても記憶をたどる事にしかならないので、
論理的な思考を鍛える事にはつながらないからです。

論理的思考力というのは中学受験には不可欠なものです。
それでは国語の過去問対策は意味がないのでしょうか。

もちろんそういう事ではありません。

鉄人会の家庭教師によれば、国語の過去問対策は、知識問題の傾向や文章の量、設問の傾向を事前に理解しておくという事なので、この視点で過去問を演習して、自分にとってどのような演習が必要か、どのような勉強が必要かを見極める事が重要だという事です。