中学受験の勉強法の特徴

今回は「中学受験 かしこい塾の使い方」で紹介されている中学受験の勉強法をご紹介します。
「かしこい塾の使い方」で、勉強法の記事を書いているのは、
中学受験家庭教師としても知られる、前田昌宏氏、辻義夫氏、馬屋原吉博氏、西村則康氏です。
科目別勉強法、スケジュール立て、おススメ問題集など、
様々な勉強法がのせられています。

中学受験では塾に通うのがスタンダードとなっていますが、
勉強法は通っている塾によって異なるそうです。

西村氏は塾ソムリエとしても知られていますが、
塾の特徴によって、勉強方法を変えなければならないそうです。

また、志望校によっても、科目によっても勉強法を変える必要があるのです。

塾によっても志望校によっても科目によっても勉強を変えないといけないのはもちろんですが、一人ひとりに合わせた指導が重要なカギとなっています。

塾で出される課題の中でも不要なもの、塾の課題では足りないものは一人ひとり違うのです。

そういった取捨選択は保護者がするのはなかなか難しく、その事で家庭教師を利用する人も多いようです。

「かしこい塾の使い方」の主任指導員の西村氏は名門指導会で、中学受験の家庭教師をしており、その指導料はかなり高額だと言いますが、
結果が必ず出せるアドバイスをしているそうです。

家庭教師に、指導を受ける事のメリットはなんでしょうか。
何と言っても、家庭教師は一人ひとりに合った指導ができるという事です。

中学受験の学習は、全ての面において個別に対応しないと効果の出ない学習なのです。