塾でのクラスアップは重要!

中学受験では塾選びが重要といいますが、
中学受験ドクターでは、中学受験専門の家庭教師が、生徒が通っている塾にあった志望校対策を行っているそうです。
中学受験の進学塾で志望校対策を始めるのは6年生の秋からという場合が多いのですが、
ドクターの家庭教師は、早い時期から、通っている進学塾に合った志望校対策を行っているそうです。

過去問演習という事ではなく、志望校の入試を意識した勉強を行っているのです。

これは、いずれ何が必要になるかよく知っているからできる事ですが、
当然、各進学塾の指導についてもよくわかっているのです。

そのため、ドクターでは会員限定で、「塾別! 今週の戦略ポイント」を公開しています。

これは、サピックス、日能研、四谷大塚・早稲田アカデミーの授業の要点を毎週解説しているものです。

授業の内容、ポイントを解説するとともに、
入試でどれくらい重要になるのかといった事も書かれているので、
宿題などの優先順位がわかるようになっています。

中学受験では志望校対策が重要といわれていますが、
そのためには、通っている進学塾でのクラスアップが必要になります。

進学塾のクラスアップは難しいといわれていますが、
希望の志望校対策講座を受講するためには、クラスアップは必須です。

ドクターの家庭教師は、志望校対策を行いながら、
進学塾でクラスアップできるようにも指導しているそうです。

復習テストを上手く使って、範囲の広い組分けテストなどでも偏差値を上げ、クラスアップを目指すわけですが、ドクターの家庭教師は最短・最速で偏差値を上げる方法を知っているそうです。

そのノウハウを家庭教師が伝授し、偏差値を上げるのです。