偏差値による学習会の指導方法

今回は、「中学受験 学習会」の家庭教師についてお話しします。
学習会の家庭教師は、中学受験指導をする時に、偏差値によって指導方法を変えるそうです。

志望校や偏差値、弱点など、生徒一人ひとりによって指導の方法を変更する必要があるという事です。

例えば、偏差値が40前後の場合について見てみましょう。

偏差値40前後から偏差値50未満でとどまっている場合、
授業にどう臨み、ノートや教材をどう使い、家庭学習をどう進めるかといった基本的な「勉強のやり方」が身についていない事がほとんどだという事です。
例えば、漢字を覚えるという事でも、とにかく「何回も書く」といった事では効率が悪いのです。

一生懸命頑張っているのに全く成績が上がらないという事にもなり兼ねないのです。

学習会の家庭教師が、こういった生徒に指導するのは、
算数なら「問題文の意味をきちんと理解しているのか」、
国語なら「読書でなく読解ができているのか」といった中学受験の勉強の基本的なポイントを理解させる事です。

中学受験の勉強の基礎的な事をおさえるだけで、
偏差値が40前後の場合、得点力が目に見えて上昇するそうです。

では、偏差値55前後の場合どうでしょう。
偏差値60というのは、中学受験で一つカギになるポイントです。
中学受験で名門校といわれる学校に合格するには、
60の壁を乗り越える必要があるのです。

学習会の家庭教師は、勉強法の見直しをし、
短期目標、長期目標を立て直すという事です。
家庭教師が一週間の勉強スケジュールを見直し、
細かく指導を行い、定期的にチェックを行っていくという事です。