中学受験家庭教師に塾併用コースがある理由

「家庭教師のサクシード」によれば、中学受験のために家庭教師を考える場合、
大手進学塾のサポートとして家庭教師を利用する場合と、
家庭教師のみで中学受験する場合が考えられるが、
進学塾の併用型として家庭教師を利用する人が多いようです。

そのため、中学受験の家庭教師と言えば、ホームページにどの進学塾に対応しているかを載せているのですね。

これは、大手進学塾は「合格実績」のために成績優秀な生徒にばかり力を入れているからだそうです。

確かに、中学受験で結果が残せなければ、生徒を獲得できないわけですから・・・

進学塾では良い指導を受けるにも、クラスアップが大前提です。

少しでも上のクラスに上がる事が大切なのですが、
自力で成績を上げるのはなかなか難しい事です。

もともと、中学受験の進学塾と言うのは授業の進みも速いですし、
一度ついて行けなくなれば、なかなか取り戻す事はできないのです。

ましてや途中入塾の場合、わからないまま授業を続ける事になりかねないのです。

そこで、早い時期から進学塾に入り万全の態勢を整えるか、
家庭教師を利用するかという選択になって来るのです。

サクシードは、志望校に合ったオーダーメイドの指導、
小6から中学受験にチャレンジする生徒のための指導も行っているそうです。

進学塾対策としては、
SAPIX、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミー、浜学園、希学園、能開センター、馬渕教室、成基学園、第一ゼミナール、進学館、京進など、
様々な進学塾に対応しているという事です。