2月は中学受験始まりの月

今月に入り、中学入試が毎日実施されていますが、
中学受験の進学塾では今月から新学期が始まっています。

来年度、2018年度の中学受験のための勉強がスタートしています。

中学受験の勉強を始めたころは何をどうすれば良いかわからずとにかく進学塾で出された宿題をこなすという人が多いかもしれませんが、
中学受験の合格力を手に入れるには、「こなす」勉強ではダメなのです。

まずは先月~今月、中学受験の受験生が何をしているか見てみましょう。

「中学受験鉄人会」の家庭教師によれば、中学受験前のあとわずかな時期、
試験が始まる数分前でも点が伸びる虎の巻があるそうです。

「中学受験鉄人会」の家庭教師による「教科別、直前講習 合否を分ける『あと10点上乗せ法』」を見てみましょう。

その中には社会の時事問題、理科の火山・気象について載せられています。

昨年の熊本地震の事もあり、火山・気象に関しては理科の時事問題と言う事です。

時事問題は点数を稼ぐのに大きく役立つものですが、
直前期の勉強だけで得点に結びつくわけではありません。

普段どれだけ、時事問題を意識して勉強しているかにかかっているのです。

志望校で、どういった形で問題が出されるかを知る事によって、
勉強の方法も変わって来るのです。

鉄人会の家庭教師も、普段の指導の中で、本番でポイントとなる内容を生徒が意識できるよう
指導しているそうです。

中学受験の家庭教師指導は、家庭学習のフォローが重要と言います。

家庭教師は志望校合格のために一人ひとり何が必要なのかを見極め、
指導を行うそうです。