国語の過去問対策の注意点

中学受験では過去問演習は必須です。

中学受験の勉強といえば、志望校対策が最重要課題であり、
志望校対策といえばやはり、まずは過去問演習ではないでしょうか。

ただ、どの科目をどのくらいという事は難しく、
どのように勉強すれば良いのかという事がよくわかっていない人も多いそうです。

中学受験鉄人会のホームページによれば、国語の過去問対策に関しては特に注意が必要ですとの事です。
中学受験鉄人会は、中学受験のプロ家庭教師を派遣してくれる派遣会社ですが、
中学受験の勉強法も公開しています。

家庭教師の指導法や普段家庭教師が行っている授業のやり方を公開しているのです。

9月になり、中学受験の進学塾でも志望校対策が始まっていると思いますが、
国語の過去問対策に関しては、その意義をしっかり把握しておく事が重要だという事です。

鉄人会の家庭教師の教える勉強法によれば、国語の過去問を演習する意義は他の教科とは異なり、繰り返し行ってもあまり学力の向上にはつながらないという事です。

国語の場合、同じ問題を解いても記憶をたどる事にしかならないので、
論理的な思考を鍛える事にはつながらないからです。

論理的思考力というのは中学受験には不可欠なものです。
それでは国語の過去問対策は意味がないのでしょうか。

もちろんそういう事ではありません。

鉄人会の家庭教師によれば、国語の過去問対策は、知識問題の傾向や文章の量、設問の傾向を事前に理解しておくという事なので、この視点で過去問を演習して、自分にとってどのような演習が必要か、どのような勉強が必要かを見極める事が重要だという事です。

中学受験の勉強法の特徴

今回は「中学受験 かしこい塾の使い方」で紹介されている中学受験の勉強法をご紹介します。
「かしこい塾の使い方」で、勉強法の記事を書いているのは、
中学受験家庭教師としても知られる、前田昌宏氏、辻義夫氏、馬屋原吉博氏、西村則康氏です。
科目別勉強法、スケジュール立て、おススメ問題集など、
様々な勉強法がのせられています。

中学受験では塾に通うのがスタンダードとなっていますが、
勉強法は通っている塾によって異なるそうです。

西村氏は塾ソムリエとしても知られていますが、
塾の特徴によって、勉強方法を変えなければならないそうです。

また、志望校によっても、科目によっても勉強法を変える必要があるのです。

塾によっても志望校によっても科目によっても勉強を変えないといけないのはもちろんですが、一人ひとりに合わせた指導が重要なカギとなっています。

塾で出される課題の中でも不要なもの、塾の課題では足りないものは一人ひとり違うのです。

そういった取捨選択は保護者がするのはなかなか難しく、その事で家庭教師を利用する人も多いようです。

「かしこい塾の使い方」の主任指導員の西村氏は名門指導会で、中学受験の家庭教師をしており、その指導料はかなり高額だと言いますが、
結果が必ず出せるアドバイスをしているそうです。

家庭教師に、指導を受ける事のメリットはなんでしょうか。
何と言っても、家庭教師は一人ひとりに合った指導ができるという事です。

中学受験の学習は、全ての面において個別に対応しないと効果の出ない学習なのです。

塾でのクラスアップは重要!

中学受験では塾選びが重要といいますが、
中学受験ドクターでは、中学受験専門の家庭教師が、生徒が通っている塾にあった志望校対策を行っているそうです。
中学受験の進学塾で志望校対策を始めるのは6年生の秋からという場合が多いのですが、
ドクターの家庭教師は、早い時期から、通っている進学塾に合った志望校対策を行っているそうです。

過去問演習という事ではなく、志望校の入試を意識した勉強を行っているのです。

これは、いずれ何が必要になるかよく知っているからできる事ですが、
当然、各進学塾の指導についてもよくわかっているのです。

そのため、ドクターでは会員限定で、「塾別! 今週の戦略ポイント」を公開しています。

これは、サピックス、日能研、四谷大塚・早稲田アカデミーの授業の要点を毎週解説しているものです。

授業の内容、ポイントを解説するとともに、
入試でどれくらい重要になるのかといった事も書かれているので、
宿題などの優先順位がわかるようになっています。

中学受験では志望校対策が重要といわれていますが、
そのためには、通っている進学塾でのクラスアップが必要になります。

進学塾のクラスアップは難しいといわれていますが、
希望の志望校対策講座を受講するためには、クラスアップは必須です。

ドクターの家庭教師は、志望校対策を行いながら、
進学塾でクラスアップできるようにも指導しているそうです。

復習テストを上手く使って、範囲の広い組分けテストなどでも偏差値を上げ、クラスアップを目指すわけですが、ドクターの家庭教師は最短・最速で偏差値を上げる方法を知っているそうです。

そのノウハウを家庭教師が伝授し、偏差値を上げるのです。

偏差値による学習会の指導方法

今回は、「中学受験 学習会」の家庭教師についてお話しします。
学習会の家庭教師は、中学受験指導をする時に、偏差値によって指導方法を変えるそうです。

志望校や偏差値、弱点など、生徒一人ひとりによって指導の方法を変更する必要があるという事です。

例えば、偏差値が40前後の場合について見てみましょう。

偏差値40前後から偏差値50未満でとどまっている場合、
授業にどう臨み、ノートや教材をどう使い、家庭学習をどう進めるかといった基本的な「勉強のやり方」が身についていない事がほとんどだという事です。
例えば、漢字を覚えるという事でも、とにかく「何回も書く」といった事では効率が悪いのです。

一生懸命頑張っているのに全く成績が上がらないという事にもなり兼ねないのです。

学習会の家庭教師が、こういった生徒に指導するのは、
算数なら「問題文の意味をきちんと理解しているのか」、
国語なら「読書でなく読解ができているのか」といった中学受験の勉強の基本的なポイントを理解させる事です。

中学受験の勉強の基礎的な事をおさえるだけで、
偏差値が40前後の場合、得点力が目に見えて上昇するそうです。

では、偏差値55前後の場合どうでしょう。
偏差値60というのは、中学受験で一つカギになるポイントです。
中学受験で名門校といわれる学校に合格するには、
60の壁を乗り越える必要があるのです。

学習会の家庭教師は、勉強法の見直しをし、
短期目標、長期目標を立て直すという事です。
家庭教師が一週間の勉強スケジュールを見直し、
細かく指導を行い、定期的にチェックを行っていくという事です。

ノーバスの中学受験指導

今回は「家庭教師のノーバス」の中学受験対策について調べてみました。

中学受験指導には、専門性が必要といいますが、
ノーバスでは、中学受験専門の家庭教師がいるそうです。

各中学受験進学塾の学習内容やカリキュラムを把握している家庭教師が指導を担当するので、
進学塾で成績がうまく上がらなかった生徒も効率よく学習できるということです。

もちろん、進学塾に通わずノーバスだけで、中学受験を目指すオリジナルコースもあるということです。

このコースは、最難関校から中堅校まで生徒一人ひとりが目指す志望校の入試対策、過去問分析を行い、個別指導ならではの徹底的な指導管理を行うということです。

オリジナルテキストを使い、個々の学習レベルからスタートし、
カウンセリングのもとに個々の学力レベルに合わせたカリキュラムを作成し、
第一志望の学校を目指した指導を行っているそうです。

四谷大塚合格判定テスト、日能研の中学入試センター模試、首都圏模試等に対応し、
指導日以外の自宅学習の指導も行っているということです。

進学塾対応コースには、日能研併用コース、サピックス併用コース、四谷大塚併用コース、早稲田アカデミーコースの他、栄光ゼミナール、市進学院、臨海セミナー、ena、進学舎、啓明舎、egg、CAP、啓進塾などに対応しているということです。

また、進学塾の入塾対策のコースもあります。

中学受験の大手進学塾では、途中でクラスアップすることは難しいといわれていますので、
上位クラスで入塾できるように家庭教師が指導を行っているということです。

中学受験家庭教師に塾併用コースがある理由

「家庭教師のサクシード」によれば、中学受験のために家庭教師を考える場合、
大手進学塾のサポートとして家庭教師を利用する場合と、
家庭教師のみで中学受験する場合が考えられるが、
進学塾の併用型として家庭教師を利用する人が多いようです。

そのため、中学受験の家庭教師と言えば、ホームページにどの進学塾に対応しているかを載せているのですね。

これは、大手進学塾は「合格実績」のために成績優秀な生徒にばかり力を入れているからだそうです。

確かに、中学受験で結果が残せなければ、生徒を獲得できないわけですから・・・

進学塾では良い指導を受けるにも、クラスアップが大前提です。

少しでも上のクラスに上がる事が大切なのですが、
自力で成績を上げるのはなかなか難しい事です。

もともと、中学受験の進学塾と言うのは授業の進みも速いですし、
一度ついて行けなくなれば、なかなか取り戻す事はできないのです。

ましてや途中入塾の場合、わからないまま授業を続ける事になりかねないのです。

そこで、早い時期から進学塾に入り万全の態勢を整えるか、
家庭教師を利用するかという選択になって来るのです。

サクシードは、志望校に合ったオーダーメイドの指導、
小6から中学受験にチャレンジする生徒のための指導も行っているそうです。

進学塾対策としては、
SAPIX、四谷大塚、日能研、早稲田アカデミー、浜学園、希学園、能開センター、馬渕教室、成基学園、第一ゼミナール、進学館、京進など、
様々な進学塾に対応しているという事です。

2月は中学受験始まりの月

今月に入り、中学入試が毎日実施されていますが、
中学受験の進学塾では今月から新学期が始まっています。

来年度、2018年度の中学受験のための勉強がスタートしています。

中学受験の勉強を始めたころは何をどうすれば良いかわからずとにかく進学塾で出された宿題をこなすという人が多いかもしれませんが、
中学受験の合格力を手に入れるには、「こなす」勉強ではダメなのです。

まずは先月~今月、中学受験の受験生が何をしているか見てみましょう。

「中学受験鉄人会」の家庭教師によれば、中学受験前のあとわずかな時期、
試験が始まる数分前でも点が伸びる虎の巻があるそうです。

「中学受験鉄人会」の家庭教師による「教科別、直前講習 合否を分ける『あと10点上乗せ法』」を見てみましょう。

その中には社会の時事問題、理科の火山・気象について載せられています。

昨年の熊本地震の事もあり、火山・気象に関しては理科の時事問題と言う事です。

時事問題は点数を稼ぐのに大きく役立つものですが、
直前期の勉強だけで得点に結びつくわけではありません。

普段どれだけ、時事問題を意識して勉強しているかにかかっているのです。

志望校で、どういった形で問題が出されるかを知る事によって、
勉強の方法も変わって来るのです。

鉄人会の家庭教師も、普段の指導の中で、本番でポイントとなる内容を生徒が意識できるよう
指導しているそうです。

中学受験の家庭教師指導は、家庭学習のフォローが重要と言います。

家庭教師は志望校合格のために一人ひとり何が必要なのかを見極め、
指導を行うそうです。

中学受験で偏差値を確実に上げる勉強法

今回は、「LEARNING」というサイトの「中学受験で偏差値を確実に上げる勉強法」という記事をご紹介します。

中学受験では進学塾や家庭教師を利用する人が多いようですが、
この記事によれば、塾や家庭教師に頼る勉強法では偏差値を上げる事は難しいという事です。

中学受験で偏差値を上げるには勉強の見直しが重要で、
いくら家庭教師を利用しても勉強法をきちんと見直し、正しい勉強のやり方を身につけなければ成績を上げる事はできないのです。

中学受験で偏差値をどんどん上げている子どもは、
その勉強法を身につけているそうです。

まずメンタル面が重要という事です。

中学受験で偏差値が高い子どもはメンタル面が強い傾向にあるそうです。

中学受験する子どもの多くは学校の中では良い成績のようですが、
進学塾に行く、あるいは模試を受けてみて、自分より成績が良い人を知るわけです。

そこで挫折を味わいながら、乗り越えられるような子どもは偏差値を上げる事ができるようですが、この挫折からなかなか乗り越えられない子どももいるわけです。

つまり、メンタル面が重要なのですが、これをサポートするのは、
やはり親でしょうか。

勉強面と言っても、メンタル的な事は塾や家庭教師ではサポートしきれない部分も多いでしょう。

家庭教師を利用する場合も、保護者と家庭教師がタッグを組んでサポートする事が重要です。

このサイトによれば、成功の9割は母親力だと言います。

親がしっかりとサポートする事で、子どもが良い精神状態を保つ事ができ、
良い結果を生むという事です。

これからの時期の勉強法

12月になりました。

入試が来月に迫っている人も多いと思いますが、
これからの時期はどんな勉強をすれば良いのでしょうか。

あと1ヶ月、できる事はとにかく点数を取るための勉強です。

できるだけ、合格点につながる勉強をする事が重要です。

家庭教師が中学受験する生徒にこの時期何を教えるかといえば、とにかく点を取る方法です。

そのための取捨選択を教え、優先順位を考えた指導を行うのです。

中学受験のためには思考力とか表現力とか、大切なものが色々とあるのですが、
それを育てる事、身につけさせる事は生徒がまだ低学年の時です。

中学受験で家庭教師を利用する人は、中学受験の進学塾に通っても成績が上がらない、
合格判定が出ないという事で、6年生から指導を始めるという事も少なくありません。

6年生の段階で入試に間に合わせるには、まず本人に合わせた志望校対策をする、
必要ない事はしないという事が重要です。

もちろん、単に覚えれば合格できるわけではありませんので、
理解しなければならない事はしっかり理解し、
その上で不必要な事は省いて行くのです。

これは、家庭教師だからこそできる事で、
一般の塾では、どんなに少人数制だからといっても、
どうしても本人だけのための指導は難しいのです。

切羽詰まった時期は家庭教師が得意とするところなのです。

そしてこの時期からの中学受験の家庭教師は、
配点が高い問題、短い時間で理解でき得点できるようになる問題、志望校の入試問題で出題される可能性の高い問題を優先的に教えて行くのです。

四谷進学会 プロ家庭教師センター

今回はプロ家庭教師限定で中学受験指導を行っている「四谷進学会 プロ家庭教師センター」の指導法についてご紹介します。

中学受験対策の家庭教師に関しては、中学受験塾のフォローと家庭教師のみの指導に分かれますが、志望校別の傾向に合わせた対策はもちろん、苦手科目の克服や学習の仕方、習慣づけといった指導を行っているそうです。

中学受験では志望校に合わせた指導が重要と言われていますが、
四谷進学会では早くから志望校対策を行う事でかなりの実績をあげているそうです。

家庭教師の良いところはこういった志望校対策も一人ひとりに合わせてできる事です。

同じ中学を受験する場合でも、A君とB君は違うのです。

苦手科目も違えば、学習習慣や性格も違うのです。

では、中学受験家庭教師の行っている苦手対策というのはどのようなものなのでしょうか。

志望校対策で考えれば、出題頻度の高いもの、配点の高いものの対策が必須となっているのですが、四谷進学会では苦手な科目、苦手単元がある事で止まってしまっている学習を上手く進めるために、つまずいている箇所を把握し、さかのぼってでも指導を行って、問題を解決するという事です。

その事により苦手意識がなくなり、全体的に学習の成果が上がるのだそうです。

さて、中学受験しようと決めて塾に通い、家庭教師を利用するわけですが、
学習の仕方がわかっていない人が多いようです。

効率的な学習方法がわからないため、学習習慣もつかないのです。

家庭教師が目標設定やスケジュール管理を行い、勉強の仕方や学習習慣を身につけさせていくという事です。