「家庭教師Junior Academyの中学受験対策」

今回は「家庭教師のJunior Academy(ジュニアアカデミー)」をご紹介しましょう。

ジュニアアカデミーの中学受験指導は、志望中学と生徒本人に合わせた対策を行っています。

中学受験では志望校対策が最重要課題と言われますが、
家庭教師が指導すると言う事で、個々の志望校対策はもちろんの事、
生徒一人ひとりにあった中学受験指導ができるのです。
中学受験では志望校別対策が重要と言うのは、
私立中学に「こんな学校にしたい」「こういう生徒を集めたい」と言う意思があり、
それを中学入試の問題にこめているからです。

学習指導要領は変わって行きますが、私立中学の思いは建学の時から続いているわけですから、私立中学の中学受験対策はまずは過去問からと言う事になるのです。
そのため中学受験対策は、単に偏差値を上げると言う事ではなく、
志望校の問題で合格点を取る事が重要になって来るのです。

ジュニアアカデミーの家庭教師は、早いうちから志望校対策に入り、過去問指導(赤本指導)を中心に学習を行います。

小4・小5で6年生までの内容を指導し、5年生の後半から志望校対策に入ると言う事ですが、家庭教師という1対1の指導であるため、わからないところがあればいつでも基礎まで戻って指導する事もできると言う事です。
家庭教師の選考は経験豊富な教務スタッフが申し込み内容を確認して行い、
授業が始まっても実際の家庭教師と教務スタッフが常に指導状況を共有する事により、実績を上げているそうです。

「中学受験 過去問対策はなぜ重要?」

中学受験では何と言っても志望校対策です。

家庭教師に中学受験のための指導をしてもらう場合、
多くはこの志望校対策に時間を使います。

中学受験する場合、特に難関校を目指しているなら進学塾+家庭教師が一般的になっていますが、その場合選ぶ家庭教師が進学塾の事をよく知っていると言う事はもちろん、
志望校対策についてしっかりと考えてくれる先生でなくてはなりません。

中学受験では苦手科目を作ってはいけないと言われます。

これは得意な科目があっても、その科目でライバルに差をつける事が難しいからです。

中学受験では実力の差があまりないので、苦手な科目はなくし少しでも得意な科目で優位に立つと言うやり方でないと合格できないのです。
家庭教師も志望校対策と穴をなくす対策、この2つに力を入れるはずです。

さて、その対策に有効なのが過去問演習です。

進学塾に通っていても結構過去問対策をするのが遅いと言う場合もあります。

過去問を始める時期は注意が必要で、
塾任せにしていると遅くなってしまう事もあるのです。

家庭教師に対策を頼む場合、志望校で出題される分野や単元が何なのかと言う事はもちろんの事、
出題形式ごとの割合、問題量、レベル別の問題の割合、特徴なども分析し指導してもらう事が重要です。

またよく言われるのが過去問を見ればその学校がわかる、
過去問を見ればその学校がどんな生徒を欲しいと思っているかわかると言う事です。
それを知る事により受験対策にも、入学後の成績を上げる事にもつながるのです。

「一橋セイシン会の学生講師」

今回は一橋セイシン会について調べてみました。

一橋セイシン会は中学受験専門の家庭教師ですが、
多くの進学塾に対応した指導を行っています。

もちろん家庭教師だけで中学受験する事も可能で、
高い合格実績をあげています。

ただ、中学受験専門の家庭教師と言うのは一般の家庭教師よりもずいぶん授業料が高額になると言います。

安ければ良いという物ではありませんが、利用法を考えて効果的に使わなければ出したお金が無駄になってしまうのです。

最近は中学受験で家庭教師を利用する人は増えていますが、
全てが専門の家庭教師と言うわけではありません。
一橋セイシン会の授業料も安くはありません。

入会金21000円、授業料はプロ講師の場合90分授業×月4回で35700円~59400円、
120分授業×月4回で47600円~79200円、

学生講師の場合でも90分授業×月4回で21600円~26100円、
120分授業×月4回で28800円~34800円となっています。

プロ講師の値段は確かに高額ですが、
学生講師の場合1時間当たり3600円なので他と比べて高いと言うほどではありません。

しかも一橋セイシン会の学生講師は本人に中学受験の経験があるか今までに指導経験のある講師のみです。
また指導の前には専門の教務が生徒の勉強の状況を分析し指導方針を立て、
指導法、カリキュラム、教材などを講師に伝えて行きます。

もちろん入試問題の傾向や対策についても一橋セイシン会から講師へ情報提供が行われているのです。
そう考えると、学生でもずいぶん効果的な指導も行えるのではないでしょうか。

家庭教師に何を頼む?

中学受験では志望校対策が重要と言われます。

そのため進学塾に通うなら、志望校対策がしっかりしているところを選ぶ必要があります。

ただ、進学塾によっては算数は良いが国語は足りないと言ったところもあるそうですから、
そう言う場合は足りない科目を何らかの形でフォローしなければならないでしょう。
中学受験の場合は、受験生同士のレベルがわりと近く、1つの科目・1つの単元の穴が失敗の原因となってしまうのです。
中学受験では得意科目があるからと言って、苦手科目の点数をカバーすると言う事は無理なのです。

そのため苦手科目をなくし、得意科目は伸ばすと言う勉強方法が重要になって来るのです。
中学受験では算数が難問となる学校が多いので志望校対策でも算数にばかり力を入れて、
入試問題の難易度が低い国語がおざなりになっているところもあるのです。
もちろん記述式に力を入れている中学もあるので、そういった学校の対策講座を選べば良いのですが、国語だけのための他校の対策講座を選ぶわけにも行かないでしょう。

そこで、進学塾をフォローしてくれる家庭教師が今人気なのです。

中学受験専門の家庭教師の場合、志望校を決める前に相談すればどの中学とどの進学塾の相性が良いかや志望校対策講座のメリットについても教えてもらえるでしょう。
そして足りないところを家庭教師が補ってくれるはずです。

もちろん進学塾ではクラスアップが合格のためには必須ですから、
クラスアップの方法も家庭教師が指導してくれるはずです。
家庭教師のみで対策すると言う方法もありますが、
足らないところのみ家庭教師に頼めれば合理的でしょう。

「リーダーズブレインの方法」

中学受験のために家庭教師を依頼する人が増えていると言う事ですが、
中学受験で家庭教師を依頼する場合、保護者が家庭教師に求めるのはどんな事でしょうか。

今回は、「プロ家庭教師のリーダーズブレイン」のサイトにある「保護者の相談」から、その内容と対策を調べてみました。

リーダーズブレインでは中学受験専門プロ家庭教師コースがありますが、
そこに寄せられる相談から、保護者が家庭教師に何を求めているのか知る事ができます。

「志望校の入試対策にしぼって、効率よく効果的な準備をしたい。」「塾の成績が伸び悩んでいる。塾のクラスをアップさせたい。」「毎週のテストはいいのだが、組分けテストで点がとれない。」「塾の授業でわからなかったところがそのままになっている。」「塾を続けながら志望校の入試傾向に合わせた対策をお願いしたい。」「塾の宿題に追われ、宿題をやるだけで精一杯だが成績は上がらない。」「塾の志望別対策のクラスに入りたい。」「塾の授業がなかなか理解できず、成績がずっと伸び悩んでいる。」「効率よく、子どもに合った受験勉強で中学入試を突破したい。」「家庭教師で通塾の時間を省いて、お稽古・スポーツを継続したい。」等です。

これを見てわかる通り、中学受験のために家庭教師を依頼する保護者の多くは、
塾と家庭教師をうまく併用し、中学受験に成功したいと考えているのです。

そのため、リーダーズブレインでは、塾カリキュラムに精通し、入試問題の傾向分析とそれに伴った効率的な学習プランをたてられる家庭教師が指導を行っているそうです。

「授業料より勉強法」

明けましておめでとうございます。

今回は2015年第1回と言う事で、中学受験家庭教師のランキングについて調べてみました。
家庭教師のなかで中学受験対応を行っている派遣センター等のランキングです。

「TUTネット」におけるランキングでは、
1位 「家庭教師のトライ」
2位 「家庭教師ドクター」
3位 「プロ家庭教師のLNS」
4位 「家庭教師のあすなろ」
5位 「LFLの家庭教師」
となっています。

トライは強いですね。
中学受験の家庭教師として知られているわけではありませんが、
中学受験の対応も行っているそうです。

さて、中学受験の家庭教師でランキング上位のところはどういった指導にポイントをおいているのでしょうか。

トライ、LNS、LFLは全国展開しており、ドクターは首都圏と関西(大阪・兵庫・京都など)、あすなろは首都圏の会社です。

全国的に中学受験が増えて来たと言え、やはり多いのは大都市と言う事になるのでしょうか。

他のサイトのランキングを見ても、トライ、ドクターは大抵ベスト3に入っており、
他には「家庭教師のノーバス」が上位に見られるところもありました。

どちらかと言えば首都圏中心にはなりますが、上位のところは合格実績が高いと言うところで選んでいる場合が多いようです。

それ以外にはサポート力です。

これは家庭教師以外に社員の学習サポートなどがシステムとしてある、
体験授業があるといったところが特徴です。

プロ家庭教師の存在も大きいようで、授業料はさほど関係していないように感じました。

「トライの中学受験対策コース」

 

12月になり、いよいよ中学受験も早いところは来月に迫りましたね。

「え?中学受験は2月が解禁では?」と思われるかもわかりませんが、
様々な事情で1月中に行うところもあるようです。
ともあれ、2月1日、2月2日の2日間には多くの学校の入試があるはずです。

来年はサンデーショックの年ですから、2月3日に入試のところも多いかもしれません。

どちらにしても残り2ヶ月を切っています。

そこで今回は、ラスト100日逆転コースを掲げている「トライ」の中学受験の勉強法について調べてみました。

もう入試まで100日ありませんので、今から始めるのでは逆転は無理かもしれませんが、
勉強法は参考になるのではないでしょうか。

トライの家庭教師は、中学受験のポイントとして、
親子で協力する事と挙げています。

中学受験の家庭教師のコースとしては細かく対策ごとに分かれていて、
それぞれ家庭教師と言う特徴を生かした指導となっており、
難関国私立中学受験対策コース、進学塾別フォローコース、公立中高一貫校対策コース、志望校別対策コース、苦手1科目克服コース、今から始める受験コース、国語読解力養成コース、算数苦手単元克服コースです。

トライの家庭教師の特徴は他のコースも同じですが、わかったつもりを防ぐ「ダイヤログ学習法」、志望校別、教科別に厳選された教師、家庭教師プラス教育プランナーの存在です。
これからの時期は志望校別に合格答案作りのための効率的な学習を行っていくのでしょうか。

 

「中学受験家庭教師・鉄人会の指導法」

最近は中学受験の家庭教師が増えてきましたが、高校受験や大学受験の家庭教師に比べるとかなり専門性が高いと言えるのではないでしょうか。

高校受験や大学受験は、家庭教師をしようと言う人であればほとんどの人が経験しているはずですが、中学受験はそうではないでしょう。

そのため、中学受験専門の進学塾では、その進学塾出身の難関大学の現役生や出身者が講師を務める事が多いようです。

家庭教師も中学受験専門と言う事になると、進学塾の元講師か中学受験経験者の場合が多いようです。

さて、今回は中学受験専門の「鉄人会」の家庭教師の指導について調べてみました。
進学塾のフォローコースもある「鉄人会」ですが、まずオリジナルコースについて見てみましょう。
進学塾に通わず、男女御三家など最難関校から中堅校の合格を目指し指導するコースです。
志望校の過去問分析に基づいたマンツーマン指導で、教材は四谷大塚の予習シリーズを使います。

教材は予習シリーズですが、カリキュラムはもちろん個別になっており、四谷大塚合不合判定テスト、日能研・中学入試センター模試、首都圏模試の準備、テストの見直しによる弱点発見とその克服などを行い、また指導日以外の家庭学習の効果的学習方法や定着方法についてもアドバイスを行い合格力を身につけています。

では、同じ予習シリーズを使う四谷大塚コースはどのようになっているのでしょうか。

こちらは教材である「予習シリーズ」「演習問題集」などの徹底理解と定着指導プラス週テスト・組分けテスト対策とテスト後の見直し、志望校の過去問対策、合不合判定テスト対策と見直しなどを行っています。

「国語の根本原理を学ぶ」

中学受験の勉強を始めるならまず国語と算数と言う事になるでしょう。

実際に高学年になってくれば、全ての科目の学習が必要になって来るわけですが、
中学受験では、算数的思考力を持つ事と、国語の読解力・記述力を養わなければなりません。

中学受験専門の家庭教師と言う事になると、算数の家庭教師が圧倒的に多いのですが、
今回は国語の家庭教師がどんな指導を行っているのか調べてみる事にしました。

この先生はサピックスで中学受験の指導を行っており、中学受験で有名な鉄人会のスーパープロ家庭教師の経験もあります。

そのため特にサピックス対策の家庭教師として実績を持っています。

実際にどのような指導を行っているかと言えば、
その特徴は、「可能な限りシンプルかつ明快に」と言う事で、
子どもの頭を整理し柔軟性のあるルールを構築します。

また「文章の着眼点を手作業で可視化する」と言うところも興味深いです。
身体で覚えると言う事は中学受験の時期には重要な事です。

もう一つが「効果的ケース・スタディの手法を採り入れる」と言う事で、
学習した内容をその文章の理解だけで終わらせず汎用化します。

例えば文章の着眼点、ひもとき方を具体的に提示し一つ一つの問題に関して毎回解説を行うのではなく、その文章からルールの発見を導く指導を行っているのです。

そのためにまずは5回から10回の授業で「手法」を大づかみに学びます。
まずは読解の知識を学ぶと言う事です。

どの科目でも同じですが、国語にもルールがあるのです。

その土台となるものを指導できるのが家庭教師ではないでしょうか。

「アクセスのやり方」

 

中学受験専門の家庭教師が増えていますが、実はそれぞれに特徴があります。

性格的にも進学塾向きの生徒と家庭教師向きの生徒があるように、
勉強法についても向き不向きがあります。

特に中学受験においては子どもの年齢の事を考えると、
どんな指導をどのような人が行うのかと言う事はかなり重要です。

しかも中学受験と言う事になると、家庭教師の料金は一般の小学生よりも高額となります。

中学受験専門の中でも色々ある事を知って家庭教師選びをする事が重要でしょう。
今回は「アクセス」の特徴について調べてみました。

アクセスは講師力には自信を持っています。
プロ講師、もしくは東大。一橋、慶應、早稲田など難関国立・難関私立大学の現役学生が家庭教師として派遣されます。

またその指導は中学受験と言う事で特に志望校別対策に力を入れ、合格力を身につけるものです。
志望校別対策では志望校に特化した無駄のないカリキュラムに沿って指導を行っています。
また最近増えて来た大手塾別に対応した指導で、塾のカリキュラムや教材、長所・短所、指導法を熟知した講師が指導を担当します。

また、実際に指導にあたる家庭教師以外も保護者勉強会や家庭学習サポートのための「FAX質問受け制度」などでサポートします。

特に併設のアクセスアカデミーでは1対1や少人数コースの個別指導も利用し指導効果を上げています。

これらは全て教えると言うより「わからせる」事にこだわったもので確実な理解を実現しています。