中学受験のために進学塾を利用する人が多いと思います。 過去問対策や難しい応用問題の演習を行うのでしょうか。

確かに6年生になれば、中学受験の勉強も志望校対策など、 いわゆる難しい中学受験の勉強となるのです。

その中で進学塾の勉強について行けず、家庭教師も利用すると言う人も多いのです。

では、中学受験の勉強のため、進学塾対策をする家庭教師と言うのはどのような指導を行っているのでしょうか。

これは、進学塾対策なので、進学塾の成績を上げる事を目標としているので、 進学塾の課題の取捨選択、優先順位付けが主な指導です。

そして、苦手分野は徹底的にさかのぼり基礎を身に付けます。 中学受験の勉強で挫折してしまう人の多くは勉強の量が足りないわけではなく方法を間違っているのです。

その勉強法を修正してくれるのが中学受験専門の家庭教師です。

では、進学塾に通っていてもどうして勉強法を誤ってしまう事になってしまったのでしょうか。

これは、低学年の時の学習に問題がある事が多いようです。 進学塾でも、5年生6年生になれば難しい応用問題ばかりやっているかもしれませんが、 低学年の時に下地を作っているわけです。

その下地ができていない場合、進学塾での5・6年生の授業にはついて行けないと言う事になるのです。 このフォローを家庭教師がしているわけですね。 もちろん、進学塾に行く前に家庭教師に頼る人もいます。 低学年の時下地を作る事、これは主に体験的な学習をする事に効果があると言います。 発達段階に合った学習が良いのですね。

 

「中学受験合格には進学塾」というお話をしましたが、 この中学受験専門の進学塾に通う、中学受験専門の家庭教師がいる事をご存じでしょうか。

最近は、この進学塾対策をする中学受験専門の家庭教師が増えて来たようです。

これもここ何年かで増えている中高一貫校などの影響で中学受験する子どもが増えたためでしょうか。

今回ご紹介する「一橋セイシン会」では、進学塾対策もトップクラスで、 今までSAPIX生1300名以上、日能研生1200名以上、早稲田アカデミー生800名以上の指導を行ってきたそうです。

首都圏では有名な「市進学院対策」について、「一橋セイシン会」の家庭教師がどのような指導をしているのか見てみましょう。

進学塾対策に家庭教師を利用すると言っても、単に進学塾でわからなかったところ、 理解しきれなかったところを家庭教師に指導してもらうのでは十分とは言えないでしょう。

市進学院で合格を目指しているのなら、市進学院のシステム、カリキュラムなどを熟知している家庭教師が必要なのです。

一橋セイシン会では、ホームページ上に市進学院のカリキュラム、教材、クラス分けテストなどの特徴と対策ポイントを載せています。

そういったものを参考にして、一橋セイシン会がどのような指導をしているのか調べてみましょう。

多くの人の悩みは塾の授業を理解しきれてないために上位のクラスに上がれない、 市進学院の場合、ベーシックトレーニング、ホームタスクがこなせず、タスクテストや定期試験で点数がとれないという事です。 そのために一橋セイシン会では、毎日の授業を100%理解させ、ホームタスクやテストの完全フォロー、クラスを上げるための対策を行っているそうです。

 

中学受験の家庭教師をしていて思うのは、 中学受験にはやはり進学塾だと思うのです。

中学受験専門の個別指導教室をみても、 進学塾ごとの対策が書かれてあるし、 テキストも進学塾の授業ノートを使っているという場合も多いのです。

講師も以前中学受験専門の進学塾で指導していたという人が多く、 進学塾の特徴を生かした指導ができるのです。

さて、では中学受験の家庭教師が実際に行っている指導法はどのようなものなのでしょうか。

一番は、進学塾の授業ノートをテキストにしているところからもわかる通り、 進学塾での授業内容の理解と定着を完璧にしていく事です。

進学塾に通っている人の多くは、せっかく良い授業を受けているにも関わらず、 授業が理解できず、ついて行けないという人も少なくありません。

宿題や予習復習もたまってしまい、学習効果も上がらないのです。

要は、合格のためには進学塾の授業を完璧にする事なのです。

それなのに、授業でやっていない事を先に勉強して、 授業の定着を後回しにしてしまい、失敗するという例もあります。

そのため、家庭教師のやる事は、「取捨選択」、優先順位を決める事です。

進学塾での授業をまずは優先し、100%理解し、使えるようにしなければなりません。 中学入試で合格する事が目標なので、学力だけでなく、合格力を付けなければ意味がないのです。

そして、同じ授業を受けても一人ひとり得意な部分、苦手な部分は異なります。 それを把握して、一人ひとり完璧にするという指導をするのが家庭教師の仕事なのです。

 

今回は中学受験ドクターのサイトを調べてみました。

その名前をみてもわかるように中学受験専門の個別指導を行っています。 その中で、志望校別や教科別の学習法も載っていて、参考になります。

また、私が家庭教師の指導法を知る上でいつもお世話になっているのは進学塾別の指導方法です。 やはり、中学受験には、進学塾の力が必要ですからね。

中学受験するにあたり進学塾をどこにするかというのは重要な問題です。 進学塾にも志望校に対して得意不得意がありますし、 性格的に合う合わないもあるのです。

それを見極めるのも家庭教師の仕事です。 その上で進学塾を決定し、その対策指導を行っていくわけです。

進学塾ごとに、成績を上げる方法も様々なので、 それぞれで対策が異なるわけなのです。

そう言う事もあって、この「中学受験ドクター」の進学塾別の対策は家庭教師として参考になるわけです。 他にも、気になるのが「よくある質問」です。 自分自身が家庭教師として、これは気をつけようと思っている事以外にも、 気づかされる事が多いのです。

よくある質問の中で一番多いのは、中学受験のために進学塾に通い学年が上がるにつき、進学塾でのクラスが下がってくるという悩みです。 どういった勉強をすれば良いのかという質問なのです。

もちろん、質問されている方は保護者でそのお子さんという事になりますが、 学年が上がってきて、勉強をしていないわけではないのです。 これは、難しい中学受験の勉強だからと言って基本的な事を完全に理解せずに上に積み上げているという事が理由なのですが、 家庭教師として指導している場合、そうならないようもちろん注意が必要です。

 

中学受験となると、家庭教師を利用するという人が多いのですが、 その中でも中学受験専門の家庭教師が増えてきているようです。

今回は、そんな中学受験専門の家庭教師の団体「名門指導会」をご紹介します。

 

「名門指導会」では、プロの家庭教師で、 しっかりとした中学受験に対応した指導を行い「合格力」をつける指導を行っています。

「名門指導会」の西村則康代表によると、 がんばっても成績が伸びないのは「正しい成績の伸ばし方」と「正しい塾の使い方」を知らない事にあると言います。

中学受験と言えば、進学塾が実績を持っています。 合格のためのカリキュラムが作られ、研究されたテキストを使いプロ講師の指導を受けます。

にも拘わらず、成績が上がる生徒と上がらない生徒がいるのです。

実際よく言われる事は中学受験で合格するためには、 進学塾で成績を上げる事だと言われています。

ただそれができないのです。

それは、それぞれの進学塾がそれぞれに特徴を持っているので、 進学塾に合わせた勉強が必要になる事はもちろんですが、 取捨選択ができないという事が最も大きな理由なのだそうです。

 

進学塾での授業を定着させる、そのためには優先順位が必要なのです。

そのため、「名門指導会」の家庭教師は、 まず何をしなければならないかを指導しています。

指導30分で、生徒を見抜く力を持ったプロ家庭教師が、 生徒の課題と原因を見抜き、最適な対応をします。 また、その指導は、常に効率的なもので、 「いかに短い時間でできるか」という事も重要視しているのです。

 

「家庭教師のトライ」の中学受験のコースの中で、 教育プランナーという存在の果たす役割は大きいです。

教育プランナーは、生徒の学力や個性、状況、志望校と現状の差などあらゆる角度から、合格に向けてやるべきことを明確にします。

中学受験のプロが受験校の相談はもちろん、学校の悩み、家庭教師には直接言えないことなどの相談に乗ります。

教育プランナーは、中学受験についても、トライのコースについても、もちろん家庭教師について熟知していますので、すぐに的確な回答やアドバイスを得ることができるのです。

 

さて、ではトライの中学受験にはどのようなコースがあるのでしょうか。

 

「難関国私立中受験対策コース」や「志望校別対策コース」は、 志望校の最新情報や出題傾向をトライがしっかりと分析し、 合格のために必要なものを指導します。

一人一人の学習プランを作り、志望校と、一人一人に合わせた指導を家庭教師が行っています。

「公立中高一貫校対策コース」は、一般的な私立中学とは、入試の形が異なっており、 学校ごとにも特徴があるので、合格できる答案作りを家庭教師が指導します。

 

また、「進学塾別フォローコース」もあり、それぞれの進学塾に合わせたきめ細かい指導を行っています。

進学塾ごとにも形の違うクラス分けテスト対策や、宿題のフォロー、苦手科目の補強などが行われます。 1科目からの対応もあるようです。

それ以外にも、「苦手1科目克服コース」や「いまから始める受験コース」、 「国語・読解力養成コース」「算数・苦手単元克服コース」などがあり、 それぞれ、家庭教師のマンツーマン授業で、合格へ導くものとなっているようです。

 

今回は、「家庭教師のトライ」の中学受験のコースを調べてみました。 様々な中学受験のコースがある中で、トライの家庭教師がどんな指導をしているのか、 どんな勉強法によって、合格が叶うのか、わかるのではないでしょうか。

まずは、トライの方法は、「わかったつもりを防ぐ」というものです。 中学受験に限らず受験勉強は、不安な知識を多く持っているより、 少ない知識でも確実なものが大切と言われます。

100%でないと、結局試験では使えないのです。

増してや中学受験の戦いはライバルと僅差なのです。 確実性のあるものを多く持っているということは、 確実にアウトプットできるということです。

受験ではアウトプットできないものは、使えないのです。

さて、このトライのわかったつもりを防ぐ学習法、「トライのダイアログ学習法」は、 家庭教師が一方的に教えるのではなく、 生徒自身の口で家庭教師に説明するという授業を行うという方法です。

受け身の学習ではないので、理解度が増し、 「理解する」から「できる」つまり、実際の中学受験の時に使える、 アウトプットできる内容となるのです。

 

また、トライの中学受験のコースでは、志望校別・教科別に厳選された家庭教師が担当します。

 

コースも細かく分かれていますが、国立中、難関私立中、公立中高一貫校など志望校や、塾のフォロー、苦手科目克服など目的に合わせた家庭教師を選ぶことができるのも、 より効果的な学習につながっています。

また、実際に合格実績を持った家庭教師であることから、 現在の学力の状況や目標、性格などから、最も相応しい指導が行えるのです。

 

中学受験の勉強の中でも難しいのが国語です。

中学受験でも、一般的に難しいと言われる算数の勉強なら、 過去問を解いたり、中学受験専門の進学塾から出されている問題集や参考書をやったりすれば、 「なんとか対応できるかも・・」と思える場合もあります。

しかし、中学受験の国語の場合、本当に子どもに何を勉強させて良いのかわからないのです。

家庭教師を頼んだとすれば、どんな指導をしてもらえるのでしょうか。

中学受験では、思考力を問われると言いますので、 家庭教師を頼む前にまずできる事は、 普段の生活の中で、読書習慣を作る事、 これは子どもがではなく、親の方がです。

親に読書習慣があればほとんどの場合、子どもも読書好きになります。

また、できれば、親子でコミュニケーションをしっかりとる、 読書しても、読みっぱなしではなく、 考えて読むようにする事が大切です。 感想文などを書かせる事も良いかもしれません。

でもこれも低学年までの事です。

実際に塾や家庭教師を考えるようになる頃に、 読書で合格力をつけるのは難しいのです。

家庭教師をつけて、受験のためにする国語の勉強法は、 やはり過去問を解いて行く事でしょう。

過去問は、中学入試のリハーサルのためではありません。 もちろんリハーサルにも使えはしますが、 それよりも良質の問題にあたり、 合格点のとれる答案を書く事を家庭教師に教わるのです。

国語の答えは、問題の中に必ずあります。 それを知り、解き方、答え方を知れば、 合格力につながるのです。

 

毎日暑い日が続いていますが、 体調管理はいかがでしょうか。

今年は、本当によくわからない天候が繰り返されましたね。 雨が降らないと言ったらいきなり降り、 梅雨入りすれば雨が降らない水不足、 また、ゲリラ豪雨なんてのもありましたね。

こういった異常気象が続く時、 子どもと天気の事、話せてますか?

理科や社会は、今は小学校低学年では、生活科と言われています。

身の回りのでき事を話し合い、考えて行くだけでも、 中学受験の勉強につながります。

小学校1年生2年生で中学受験を考えて家庭教師を利用する方もいるとは思いますが、 まだまだ家庭での学習中心という方の方が多いのではないでしょうか。

でも、実際に中学受験に成功する家庭というのは、 家庭教師のおかげというより自宅での環境が違うのです。

日々の生活全てが学びにつながります。

特に小学生はそうです。

子どもは、色々な事に興味を持つでしょう。 そして色々な事に疑問を持つでしょう。

そういった時、子どもに正解を出してやれなくて良いのです。

ただ、一緒に考え、調べる方法を教えてやりましょう。 子どもが、勉強に興味を持てるように導いてやるのです。 この親の態度の違いが中学受験の力の違いになるのです。

実際に、家庭教師が幼稚園や小学校低学年の生徒に教えているのもそんな内容です。

家庭教師が身近なものの実験をしたり、一緒に考えたりするのです。

家庭教師は、もっと特別な事をすると思っていたかもしれませんがそうではないのです。

 

学校の夏休みの宿題、特に自由研究や読書感想文は重要です。 中学受験のためと思って普段の生活にも取り入れたい勉強です。

中学受験を考えているなら、この夏休みは重要です。

これは、小学6年生の事だけではありません。

特に小学3年生は注意が必要です

中学受験を考えていても、3年生の保護者の方は、
まだ先だと考える方が多いのです。

それが4年生になると、急にそわそわし始めます。
4年生になると、そろそろ・・・と思うのでしょうか。

3年生から中学受験のために塾や家庭教師を頼むか頼まないかという事は別として、
少なくとも、3年生の学校での勉強を子どもがきちんと理解しているかどうかは確認しておくべきでしょう。

小学生3年生は中学受験を考えていなくても、大変重要な時期です。

理科や社会という科目が現れるのも3年生ですし、算数の割り算も出てきます。

漢字もこれまでとは比べものにならないくらい増えてくるのです。

この時、特に算数でつまずいてしまうと、
中学受験をだけでなく、将来高校受験や大学受験で大きなハンディーをせおってしまう事になるのです。

また、「9歳の壁」という言葉をご存知でしょうか。

9歳の誕生日を迎えるのがこの3年生なのです。

家庭教師をしていても感じますが、
明らかにこの時期にしっかりとやる事をやり、土台を作ってやらなければならないのです。

もちろん、4年生になってからでも間に合わないわけではありませんが、
家庭教師としては、どうにもならなくなって、誰かに頼むのでは遅いという事が言いたいのです。

家庭教師に頼まないのなら、
親がきちんと子どもの事を把握しておく事が大切です。
学校の勉強を理解しているかどうかをです。

家庭教師がいなくても学校の先生に質問させるとか、
何だかの手立てをとっておく事が大切です。