12月になり、いよいよ中学受験も早いところは来月に迫りましたね。

「え?中学受験は2月が解禁では?」と思われるかもわかりませんが、
様々な事情で1月中に行うところもあるようです。
ともあれ、2月1日、2月2日の2日間には多くの学校の入試があるはずです。

来年はサンデーショックの年ですから、2月3日に入試のところも多いかもしれません。

どちらにしても残り2ヶ月を切っています。

そこで今回は、ラスト100日逆転コースを掲げている「トライ」の中学受験の勉強法について調べてみました。

もう入試まで100日ありませんので、今から始めるのでは逆転は無理かもしれませんが、
勉強法は参考になるのではないでしょうか。

トライの家庭教師は、中学受験のポイントとして、
親子で協力する事と挙げています。

中学受験の家庭教師のコースとしては細かく対策ごとに分かれていて、
それぞれ家庭教師と言う特徴を生かした指導となっており、
難関国私立中学受験対策コース、進学塾別フォローコース、公立中高一貫校対策コース、志望校別対策コース、苦手1科目克服コース、今から始める受験コース、国語読解力養成コース、算数苦手単元克服コースです。

トライの家庭教師の特徴は他のコースも同じですが、わかったつもりを防ぐ「ダイヤログ学習法」、志望校別、教科別に厳選された教師、家庭教師プラス教育プランナーの存在です。
これからの時期は志望校別に合格答案作りのための効率的な学習を行っていくのでしょうか。

 

最近は中学受験の家庭教師が増えてきましたが、高校受験や大学受験の家庭教師に比べるとかなり専門性が高いと言えるのではないでしょうか。

高校受験や大学受験は、家庭教師をしようと言う人であればほとんどの人が経験しているはずですが、中学受験はそうではないでしょう。

そのため、中学受験専門の進学塾では、その進学塾出身の難関大学の現役生や出身者が講師を務める事が多いようです。

家庭教師も中学受験専門と言う事になると、進学塾の元講師か中学受験経験者の場合が多いようです。

さて、今回は中学受験専門の「鉄人会」の家庭教師の指導について調べてみました。
進学塾のフォローコースもある「鉄人会」ですが、まずオリジナルコースについて見てみましょう。
進学塾に通わず、男女御三家など最難関校から中堅校の合格を目指し指導するコースです。
志望校の過去問分析に基づいたマンツーマン指導で、教材は四谷大塚の予習シリーズを使います。

教材は予習シリーズですが、カリキュラムはもちろん個別になっており、四谷大塚合不合判定テスト、日能研・中学入試センター模試、首都圏模試の準備、テストの見直しによる弱点発見とその克服などを行い、また指導日以外の家庭学習の効果的学習方法や定着方法についてもアドバイスを行い合格力を身につけています。

では、同じ予習シリーズを使う四谷大塚コースはどのようになっているのでしょうか。

こちらは教材である「予習シリーズ」「演習問題集」などの徹底理解と定着指導プラス週テスト・組分けテスト対策とテスト後の見直し、志望校の過去問対策、合不合判定テスト対策と見直しなどを行っています。

中学受験の勉強を始めるならまず国語と算数と言う事になるでしょう。

実際に高学年になってくれば、全ての科目の学習が必要になって来るわけですが、
中学受験では、算数的思考力を持つ事と、国語の読解力・記述力を養わなければなりません。

中学受験専門の家庭教師と言う事になると、算数の家庭教師が圧倒的に多いのですが、
今回は国語の家庭教師がどんな指導を行っているのか調べてみる事にしました。

この先生はサピックスで中学受験の指導を行っており、中学受験で有名な鉄人会のスーパープロ家庭教師の経験もあります。

そのため特にサピックス対策の家庭教師として実績を持っています。

実際にどのような指導を行っているかと言えば、
その特徴は、「可能な限りシンプルかつ明快に」と言う事で、
子どもの頭を整理し柔軟性のあるルールを構築します。

また「文章の着眼点を手作業で可視化する」と言うところも興味深いです。
身体で覚えると言う事は中学受験の時期には重要な事です。

もう一つが「効果的ケース・スタディの手法を採り入れる」と言う事で、
学習した内容をその文章の理解だけで終わらせず汎用化します。

例えば文章の着眼点、ひもとき方を具体的に提示し一つ一つの問題に関して毎回解説を行うのではなく、その文章からルールの発見を導く指導を行っているのです。

そのためにまずは5回から10回の授業で「手法」を大づかみに学びます。
まずは読解の知識を学ぶと言う事です。

どの科目でも同じですが、国語にもルールがあるのです。

その土台となるものを指導できるのが家庭教師ではないでしょうか。

 

中学受験専門の家庭教師が増えていますが、実はそれぞれに特徴があります。

性格的にも進学塾向きの生徒と家庭教師向きの生徒があるように、
勉強法についても向き不向きがあります。

特に中学受験においては子どもの年齢の事を考えると、
どんな指導をどのような人が行うのかと言う事はかなり重要です。

しかも中学受験と言う事になると、家庭教師の料金は一般の小学生よりも高額となります。

中学受験専門の中でも色々ある事を知って家庭教師選びをする事が重要でしょう。
今回は「アクセス」の特徴について調べてみました。

アクセスは講師力には自信を持っています。
プロ講師、もしくは東大。一橋、慶應、早稲田など難関国立・難関私立大学の現役学生が家庭教師として派遣されます。

またその指導は中学受験と言う事で特に志望校別対策に力を入れ、合格力を身につけるものです。
志望校別対策では志望校に特化した無駄のないカリキュラムに沿って指導を行っています。
また最近増えて来た大手塾別に対応した指導で、塾のカリキュラムや教材、長所・短所、指導法を熟知した講師が指導を担当します。

また、実際に指導にあたる家庭教師以外も保護者勉強会や家庭学習サポートのための「FAX質問受け制度」などでサポートします。

特に併設のアクセスアカデミーでは1対1や少人数コースの個別指導も利用し指導効果を上げています。

これらは全て教えると言うより「わからせる」事にこだわったもので確実な理解を実現しています。

 

家庭教師の良さはマンツーマンの個別指導です。

中学受験の時に「進学塾」か「家庭教師」かという時に、
家庭教師のメリットはマンツーマンの個別指導、
デメリットは費用が高額になる事と思っている人が多いのではないでしょうか。

経済的に問題がなく中学受験専門の家庭教師を雇えるのであれば、
進学塾より家庭教師と考えているかもしれません。

一般的に中学受験は進学塾と言われていますが、
それも大手進学塾が情報持ち、分析力があるので合格実績も高いと言う事があるからです。

それなら中学受験に特化した家庭教師センターに頼むというのと同じ事なのです。
ただ、「費用」や「情報」以外にも、中学受験のために重要な事があります。

それがこの中学受験時期、小学生に合った勉強法を行う事なのです。

小学生時期、特に低学年になると、先生からの影響より同年齢の子どもからの影響を受けやすいと言う事があります。

共に学ぶと言う勉強法が優れていると言う事は、
中学生、高校生になっても多くの例があります。

例えばクラブ活動、吹奏楽など優れた指導者がいる学校は毎年コンクールに入賞します。
それは、もともとは指導者のおかげではありますが、
指導者に移動があっても大抵は何年かはその傾向が続きます。

これは、優れた指導者に指導を受けた先輩から後輩へ、
また仲間へと教える、教え合うからなのです。

お互い教え合う事で、相手の事だけではなく、自分自身の改善点もみつかり、お互いに進歩するのです。

家庭教師の指導の場合マンツーマンにおけるメリットとデメリットの両方がある事を知っておかなければならないのです。

最近は中学受験のために家庭教師を利用する人が増えています。

今回はそういった家庭教師が行っている中学受験対策について調べてみる事にしました。
首都圏で実績を持つ「アクセス」の家庭教師のやり方はどうなっているのでしょうか。

まずは徹底した現状分析です。

家庭教師でもプロと呼ばれる人は、生徒の現状把握が指導初日30分でわかると言いますが、
アクセスでは学力レベル、通っている塾があるなら塾の宿題の量・レベル、現在の勉強方法、家庭の勉強環境、塾や家庭教師との相性、偏差値などを徹底的に分析するそうです。

次に指導方針を作成します。
中学受験までの指導方針、学習スケジュール、カリキュラムを決め、適切な指導方法、学習効率を高める手法、宿題の選択・テキストの選定、志望校対策、課題にどう取り組むか、家庭学習の方法などを具体的に決めて行きます。

そしてアクセスでは家庭教師だけではなく1対1の個別指導塾、少人数制個別指導と、様々な学習形態のなかから一人一人に合ったものを選びます。

それぞれの学習形態で、指導力の高い講師による基本の徹底、本質的な理解、課題や弱点の克服、各単元の定着を行います。

中学受験までの時間は限られていますので効率的な学習が重要です。

中学受験の進学塾ではせっかく良い授業を受けても、こなせていないと言う場合が多いのです。

アクセスでは一人一人に最も効率的な学習方法とノウハウで、生徒を伸ばして行くのです。

中学受験の勉強も高学年になれば進学塾に行ったり家庭教師を利用したりと、
中学受験のプロに頼る事が多いでしょう。

ただ、小学校の低学年まではどうでしょうか。
小学校の低学年のうちから進学塾に通わせたり、
家庭教師を雇ったりするのは躊躇すると言う保護者の方が多いようです。
中学受験専門の進学塾では、もともとは4年生くらいからコースが始まっているところが多かったのですが、最近は、1年生から中学受験を意識したコースがあるところも増えているそうです。
低学年で中学受験の家庭教師と言うのはあまり耳にしませんね。
ただ、低学年のうちから、塾や家庭教師となると遊ぶ時間も無くなってしまいます。

現在小学校は週休2日、昔は土曜半ドンという良いものがあり、
子ども達はその時間にお友達と目いっぱい遊べたのですが今は違います。
今の方が、時間が増えたと思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
丸1日の休みができると、家族でおでかけ、スポーツ少年団の活動など、
別のイベントが増え、自由に子ども同士で遊ぶ時間は少なくなっているのです。
土日以外に遊べる日は週に1回4時間の日がありますがそれも低学年のうちだけで、
高学年になると、クラブ活動や委員会活動などで下校時刻は遅くなり、
遊ぶことなどできないのです。

そう考えると、親にしてみればせめて低学年の時くらいは・・
と考えるのです。
ただ、中学受験を考えているならそれも不安、
それなら時間の都合のつく家庭教師を利用する方が、
塾よりは良いのかもしれません。

 

中学受験のために進学塾や家庭教師をと考えている方は多いでしょうが、
「いつから家庭教師を?」と言う事を悩んでいる人が多いようです。

この「いつから?」と言う問題は難しい事で、学校の授業について行けないようであれば、1年生の時から家庭教師に来てもらって勉強しなければ中学受験は難しいでしょう。

反対に家庭環境が良い場合、5年生6年生になるまで塾や家庭教師必要がないかもしれません。
家庭環境が良い場合、5年生からでも中学受験に十分間に合うのです。
では、この「家庭環境が良い」と言うのはどのような状態なのでしょうか。

まずは、想像できるとは思いますが、リビングで子どもが勉強できるような状態の家庭です。

最近、リビング学習法なる本も出されているようですが、
難関大学などに合格した人の話を聞けば小学生の頃リビングで勉強していたと言う人が多いのです。

お母さんが台所仕事をしながら、みんなの声の聞こえる場所で勉強できると言う状態が良いのです。

この時、お母さんが家庭教師と同じ役割をしているのです。
わからない問題を一緒に考えたり、時には、ゲームのようにお互いにクイズを出し合ったりと、楽しい勉強方法は沢山あります。

また、進学塾等の低学年対象に行われている体験学習もリビングでできるでしょう。
理科に関係のある料理や毎日の会話の中での天気や時事問題は中学受験に十分役立つ内容となり、しかも体験の中から生まれて来るので理解が深いのです。
また、中学受験では思考力が重要と言われますが、
一緒に折り紙を折る事も、算数の勉強につながります。

中学受験のために進学塾を利用する人が多いと思います。 過去問対策や難しい応用問題の演習を行うのでしょうか。

確かに6年生になれば、中学受験の勉強も志望校対策など、 いわゆる難しい中学受験の勉強となるのです。

その中で進学塾の勉強について行けず、家庭教師も利用すると言う人も多いのです。

では、中学受験の勉強のため、進学塾対策をする家庭教師と言うのはどのような指導を行っているのでしょうか。

これは、進学塾対策なので、進学塾の成績を上げる事を目標としているので、 進学塾の課題の取捨選択、優先順位付けが主な指導です。

そして、苦手分野は徹底的にさかのぼり基礎を身に付けます。 中学受験の勉強で挫折してしまう人の多くは勉強の量が足りないわけではなく方法を間違っているのです。

その勉強法を修正してくれるのが中学受験専門の家庭教師です。

では、進学塾に通っていてもどうして勉強法を誤ってしまう事になってしまったのでしょうか。

これは、低学年の時の学習に問題がある事が多いようです。 進学塾でも、5年生6年生になれば難しい応用問題ばかりやっているかもしれませんが、 低学年の時に下地を作っているわけです。

その下地ができていない場合、進学塾での5・6年生の授業にはついて行けないと言う事になるのです。 このフォローを家庭教師がしているわけですね。 もちろん、進学塾に行く前に家庭教師に頼る人もいます。 低学年の時下地を作る事、これは主に体験的な学習をする事に効果があると言います。 発達段階に合った学習が良いのですね。

 

「中学受験合格には進学塾」というお話をしましたが、 この中学受験専門の進学塾に通う、中学受験専門の家庭教師がいる事をご存じでしょうか。

最近は、この進学塾対策をする中学受験専門の家庭教師が増えて来たようです。

これもここ何年かで増えている中高一貫校などの影響で中学受験する子どもが増えたためでしょうか。

今回ご紹介する「一橋セイシン会」では、進学塾対策もトップクラスで、 今までSAPIX生1300名以上、日能研生1200名以上、早稲田アカデミー生800名以上の指導を行ってきたそうです。

首都圏では有名な「市進学院対策」について、「一橋セイシン会」の家庭教師がどのような指導をしているのか見てみましょう。

進学塾対策に家庭教師を利用すると言っても、単に進学塾でわからなかったところ、 理解しきれなかったところを家庭教師に指導してもらうのでは十分とは言えないでしょう。

市進学院で合格を目指しているのなら、市進学院のシステム、カリキュラムなどを熟知している家庭教師が必要なのです。

一橋セイシン会では、ホームページ上に市進学院のカリキュラム、教材、クラス分けテストなどの特徴と対策ポイントを載せています。

そういったものを参考にして、一橋セイシン会がどのような指導をしているのか調べてみましょう。

多くの人の悩みは塾の授業を理解しきれてないために上位のクラスに上がれない、 市進学院の場合、ベーシックトレーニング、ホームタスクがこなせず、タスクテストや定期試験で点数がとれないという事です。 そのために一橋セイシン会では、毎日の授業を100%理解させ、ホームタスクやテストの完全フォロー、クラスを上げるための対策を行っているそうです。